ネイリスト検定を受けよう【ネイルスクールが人気の理由】

スクールの特徴

ファッションアイテム

卒業後の勤め先

スタイリストは、モデルやタレントなどが着る衣装を選び、着付けなどをするのが仕事です。さらに、そのときのテーマや対象に合った雑貨などのアイテムを集めて、現場のアートディレクターやカメラマンなどと相談しながら、演出を行っていきます。勤め先にもよりますが、テレビやドラマ、演劇などで活躍するチャンスがあります。スタイリストには、テーマの内容をしっかり理解し、大勢のスタッフとイメージの共有をすることで華やかに演出するスキルが必要になります。スタイリストに向いているのは、ファッションのセンスが良く、コミュニケーション能力の高い人でしょう。ほかに、衣装や雑貨などを集めるために必要な体力や忍耐力なども求められます。専門学校にスタイリストコースがあり、そこで必要なスキルや知識について学ぶことになります。スタイリストの専門学校では、衣装の選び方や着付けの仕方、モデルやタレントへのメイクの仕方などを教えています。また、テーマの決め方や演出の仕方についても、スタイリストコースに入学した後で学ぶことになるでしょう。スタイリスト専門学校を卒業後は、有名なスタイリストのアシスタントになって、働きながらスキルを学ぶのが一般的です。ほかにも、スタイリスト専門学校の就職先には、出版社や広告代理店、スタイリスト事務所などがあります。独立して働くことも可能で、特定のモデルやタレントなどについて仕事をするような人もいるようです。

Copyright© 2018 ネイリスト検定を受けよう【ネイルスクールが人気の理由】 All Rights Reserved.